OneTouch AT ニュース・リリース

フルーク・ネットワークス、ギガビット、光ファイバー、Wi-Fi ネットワークに対応する
トラブルシューティング用テスター「OneTouch AT (ワンタッチ・エーティー)
ネットワーク・アシスタント」を新発売

クライアントからクラウド・サービスに至る、ネットワーク問題を 1 分以内※1で自動障害診断!

 

2012 年 6 月 7 日

 テスターからネットワーク管理まで幅広いネットワーク関連製品を提供する米フルーク・ネットワークスの日本法人である株式会社 TFF フルーク社(東京都港区、代表取締役:早川和己、資本金:1億円、以下フルーク・ネットワークス)は、有線および無線 Wi-Fi に至るネットワーク問題に対して1分以内での自動障害診断を可能にした、オールインワン・タイプのトラブルシューティング用テスター「OneTouch AT(ワンタッチ・エーティー)ネットワーク・アシスタント」を 6 月 7 日から発売いたします。 
 「OneTouch AT ネットワーク・アシスタント」は、有線から無線 Wi-Fi、そして光ファイバーについて、ケーブル試験からネットワーク全体のパフォーマンス・テストまで、すべてを 1 台でカバーできるオールインワン・タイプのトラブルシューティング・ツールです。ワンタッチ操作のオート・テストを 1 回行うだけで、クライアントからクラウドまで、ネットワーク・パフォーマンスを迅速に把握できます。ネットワーク、サービス、アプリケーションに応じたテスト・スクリプトを作成でき、Wi-Fi ネットワークが正常に運用されていることも立証します。スマートフォン・タイプのタッチパネル操作と、メタル/光ファイバーに対応したインラインでのパケット・キャプチャー機能を搭載。Web ブラウザを使用したリモート・アクセス機能により、他部署や遠隔地の事業所等との連携による問題解決も実現します。
 従来から、現場のネットワーク技術者は 1 時間以上の時間をかけ、多様なツール、すなわち、プロトコル・アナライザー、PC 上の様々なユーティリティー・ソフトウェア、ケーブル/ネットワーク・テスターを使ってネットワークの接続性とパフォーマンス問題の解決を行ってきましたが、それらのツールが提供する情報は、それぞれが限られたものであり、確定的な問題の解決には十分ではありませんでした。「OneTouch AT ネットワーク・アシスタント」は、これまでのツールの機能を、ユーザー・ニーズに合わせカスタマイズが可能なワンボタン・タイプのオート・テスト機能と組み合わせ、1 分以内での自動障害診断を可能にした画期的な携帯型ツールです。そして、これらの機能により、一般にネットワーク・エンジニアの作業時間の最大 25 パーセント※2 にも上ると言われる、エンド・ユーザー問題のトラブルシューティングに対して、極めて早い手段を提供します。
 このようにネットワーク技術者にとっては、より煩雑な作業が増え、コスト削減を要求される現場において、1 台で有線から無線までをカバーし、1 分以内の自動障害診断機能を持つ「OneTouch AT ネットワーク・アシスタント」は、第一線でのトラブルシューティングを強力に支援します。また、インターネットを経由するネットワーク・サービスおよびアプリケーション・サービスの重要性が増しつつあるクラウド時代にあって、企業内のIT技術者の方にとっても、そのネットワークやアプリケーションのパフォーマンスを現場で迅速に把握することが求められています。そのため、簡単操作の「OneTouch AT ネットワーク・アシスタント」は、自動診断機能によりクライアントのケーブル接続からクラウド上にホスティングされたアプリケーションまで、有線、Wi-Fi にわたり、障害診断時の強力なサポート.・ツールとして期待されています。

 「OneTouch AT ネットワーク・アシスタント」の価格は 78 万円 ~(税別)。初年度売上目標台数は、500 台をめざしております。

※1)フルーク・ネットワークスの内部調査を行った、自社製品比較データによる。
※2)ネットワーク・エンジニアへのフルーク・ネットワークスによる内部調査による。

■ スマートフォン感覚のタッチパネル操作で、ネットワーク・パフォーマンスを迅速に把握する自動診断機能を搭載。 
  クライアントからクラウドまで、有線/Wi-Fi ネットワークのトラブルシューティングをワンタッチで実施

 今日、クラウド・サービス利用があらゆる業種に広まる中、企業ネットワークはサービス向上を求めさらに進化を遂げつつあります。そして、企業はユーザーの利便性を高めるため、これまで以上に高度で複雑な無線/有線ネットワーク環境の構築やアプリケーションの利用を推し進めています。そのため、ネットワークの多様性に伴い、サポート・エンジニアは、これまでのネットワーク・トラブルを未然に防ぎ、ダウンタイムを極力短くすることの要求に加え、クライアントからのネットワークやアプリケーションのレスポンス問題へのトラブル対応要請に応えるため、パフォーマンス問題の解析を行い、何がボトルネックの要因なのかを迅速に現場で切り分ける必要が出てきました。
 このような要望に応えたものが「OneTouch A Tネットワーク・アシスタント」です。この製品は、ギガビット、光ファイバー、Wi-Fi ネットワークに対応する現場指向のオールインワン・タイプのトラブルシューティング・ツールとして、ケーブルから始まり、有線/無線インフラを経由したローカル、およびクラウドでホスティングされているネットワーク・サービス/アプリケーションまで、自動化された1回のテストでネットワーク・パフォーマンスをクライアントの視点から迅速に把握します。ネットワーク、サービス、アプリケーションに応じたテスト・スクリプトを作成し、無線Wi-Fiネットワークが最高のパフォーマンスで稼働していることを独自の Veri-Fi※3 テストで立証します。明瞭な合否の表示と状況に即応したダイナミックな Wi-Fi 解析で、問題をすばやく特定し、解決します。メタル/光ファイバーに対応したインラインでのパケット・キャプチャー機能を搭載。他部署や遠隔地との連携による問題解決を実現する、Webブラウザを使ったリモート・アクセス機能も搭載されています。スマートフォン感覚のタッチパネル操作により、クライアントからクラウドまで、有線/Wi-Fi ネットワークのトラブルシューティングをワンタッチで実施します。

※3)レイヤー 1 ~ 3 までの包括的検証を有線/無線の両方向から無線パフォーマンス試験を実施し Wi-Fi 運用の最大能力を検証する。

<「OneTouch AT ネットワーク・アシスタント」の特長>

● より迅速な問題特定のためのワンボタン・オートテスト:

  ワンタッチの オート・テストとスマートフォン感覚のタッチパネル操作など直観的なユーザー・インターフェースで結果を迅速に提供します。

● 802.11 a/b/g/n Wi-Fi、Giga イーサネット、メタルおよび光ファイバーまでカバーする多様な試験能力:

  メタル/光ファイバー/無線 LAN すべてのインターフェースに対応したオールインワン・タイプのギガビット・イーサネット・アナライザーです。
  メタル/光ファイバー(SFP ポート) の物理インターフェースを2個ずつ有します。また、パフォーマンス測定では、テスト結果を画面に並列表記し、
  容易に比較することが可能です。

● インラインでのメタルと光ファイバー上のパケット・キャプチャー機能:

  メタルおよび光ファイバーの内蔵アグリゲーション TAP 機能を利用し、クライアントとネットワーク間に接続し、インラインで情報を取得できます。
  専用 TAP を準備したり、スイッチのミラーリング設定をしたりすることなく運用中のトラフィックを容易に取得できます。

● ケーブルのワイヤーマップ試験、PoE 検証、さらにリンク試験機能:

  有線接続では、クライアント-デバイス間のリンクをテストすることにより、リンク確立の確認と利用スイッチとポートを識別し、ポートの統計情報を
  確認します。無線 LAN では、SSID、アクセス・ポイント、チャネル、セキュリティを識別し、クライアントとアクセス・ポイントのリンクをテストして認証
  およびアソシエーション・プロセスをモニターします。主要な AP およびネットワーク統計情報を監視することにより、Wi-Fi インフラのパフォーマンスと
  接続手順を把握できます。独自の機能 TruePower PoE を使用して、実際の負荷テストで真の電力供給能力を確認できます。
  最大 25.5 W の 802.3at (PoE+) まで 5 クラスの PoE 受電装置をエミュレートし、実負荷をかけたうえでの PoE 電圧を測定します。

● クラウド・サービスへの対応 :

  インターネットを介したクラウド・サービスにも対応。 グラフィカルなディスプレイ上でサーバー・アイコンをクラウド・エリアにドラッグ゙するだけで簡単に
  ネットワーク・パフォーマンスの解析ができます。

● 問題解決を促進させるリモート・アクセス機能:

  Webブラウザから「OneTouch AT ネットワーク・アシスタント」をリモート制御し、複数の担当部署者間、あるいは遠隔地のチーム間の連携作業と
  ウェブカメラを接続したネットワーク環境の視覚的情報共有による効率的なトラブルシューティングが可能。クライアントからクラウドまで、
  有線/Wi-Fi ネットワークのトラブルシューティングをワンタッチで実施します。

● ネットワークおよびサービス・パフォーマンス解析機能:

  可用性とパフォーマンスの測定により、ネットワーク・サービスおよびアプリケーションのテストを行い、サービス・レベル問題の原因を特定します。
  パフォーマンス·テストを適切に実施するため、ping (ICMP)、接続 (TCP)、Web (HTTP)、ファイル (FTP)、マルチキャスト (IGMP)、ビデオ (RTSP)、
  または電子メール (SMTP) テストがメニュー選択で簡単にできます。パフォーマンス結果は、アイコンをタッチすることで簡単に確認できます。
  さらに、「DNS ルックアップ時間」、「サーバー応答時間」、「データ・レート」が詳細に表示されます。 比較を容易にするため、有線/無線、IPv4/IPv6 の
  テスト結果を並列で提示できます。

● IPv6 対応 :

  IPv6 をサポートしています。IPv4 と IPv6 が混在するネットワーク環境でもパフォーマンスの違いや問題への対応が容易にできます。

● 試験手順の標準化テスト機能:

  ネットワーク、サービス、アプリケーション用にカスタマイズされたテスト・スクリプトで、トラブルシューティングの初心者であっても確実な障害診断を
  誰でも容易に実施できます。

● 新たな独自プラット・フォームの採用:

  簡便操作を可能にしたスマートフォン・タイプのタッチパネル機能の装備を実現した、新デザインのプラット・フォームと耐久性のある筐体構造は、
  厳しい現場環境下でのフィールドテストでも信頼性の高い動作を提供します。

● 結果の文書化が可能:

  テスト結果は、本体に保存することができ、PDF 形式により出力できます。社内で結果を共有したり、外部との情報の共有を行ったりすることで、
  トラブルシューティングを促進できます。

<「OneTouch AT ネットワーク・アシスタント」の価格>
78 万円 ~(税別)

フルーク・ネットワークスについて

フルーク・ネットワークスは、米国の精密電子計測器メーカーである「フルーク・コーポレーション」のネットワークス部門が 2000 年に分社化して生まれたネットワーク関連ツールメーカーです。「We know Network」を合言葉に、お客様の重要なITインフラであるネットワークを常に最適な状態に保つための監視・解析やトラブルシューティングをサポートしております。現在、日本を含む世界 50 ヶ国以上で事業を展開しており、弊社の高品質、高付加価値ソリューションは既に世界20,000 以上の企業ネットワーク、システム・インテグレーター等のネットワーク設計、構築の専門企業などで使用されています。
▼▼詳細は次の URL をご参照ください。▼▼▼ http://jp.flukenetworks.com/

※ OneTouch、Veri-Fi 、TruePower 等の製品は、米フルーク・ネットワークス社の登録商標または商標です。
※ その他記載されている会社名、製品名等は、各社の登録商標または商標です。

■本リリースに関するお問い合わせ先■

株式会社 TFF フルーク社
フルーク・ネットワークス
担当 : 滝澤(たきざわ)・天本(あまもと)
TEL: 03-6714-3117
FAX: 03-6714-3118
e-mail : infoj@fluke.com
住所 : 東京都港区港南 2-15-2 品川インターシティ B 棟 6 階

 
 
Powered By OneLink